サービス一覧
サービス導入実績
ビューティセレクトVIZの前にて
クライアントの事例紹介
事例
会社名 株式会社ARA Beauty Select Viz
業種 美容
業務内容 脱毛、エステ、ネイル、まつ毛エクステ、
フェイシャル等のトータルビューティーサロン
エリア 沖縄県うるま市
利用プラン ブログ型ホームページ
SEO施策
課題 新規顧客の集客
実施内容

①ブログカスタマイズ

②SEO施策(地域名×サービス名の5キーワードでSEO実施)

・ロングテールによるSEOを狙ったブログ生地の書き方、写真の使い方のアドバイス

③Googleマップ、Googleプレイスによる表示設定

①指定した主要キーワード5つが、導入後1ヶ月で1位~5位に上位表示

②導入前は、ほぼゼロだったブログ経由の新規来店数が12件に向上

(※ブログ自体は、2013年11月からクライアント様にて更新されていた)

事業内容について

事業内容について教えてください。

エステティックサロン、脱毛、ネイル、まつ毛エクステを取り扱うトータルビューティーサロンになります。

サロンの集客はどのようにされていましたか?

店頭でのチラシ配りでの呼び込み、チラシ配りをかなり努力していました。スタッフさんによる周辺や少し 離れたエリアのポスティング、むすびタウンやbioさん(ネイルのみ)による広告をしてきました。

その他には、スタッフさんからの紹介、近隣のコンビニや飲食店にチラシ設置等もオープン の当初は行っていました。

ショップ写真
ドン・キホーテ店内にあるViz様の店舗入口
なぜリベルタに依頼しようと思ったのでしょうか?

リベルタをお知りになったきっかけをお教えください

沖縄県内の集客を行っているインターネットで検索して知り、電話連絡したのがきっかけです。

そういう状況で、リベルタに依頼する事にされたのはなぜでしょう?

実はリベルタさんを含め、事前に3社を検討しており、打ち合わせ等をして最終的に リベルタさんに決定しました。他2社は本土資本の大手でした。

経費がかけられないこともあり、値段が安く、沖縄に本社があり、契約期間の縛りが 短かった(大手さんは5年間の契約縛り)ことが決め手になりました。 あとは、やはりリベルタさんが一番親身になって相談を聞いていただいたと思います。

前田様写真写真
一番親身になって聞いて頂きました(Viz 前田様)
SEOサービスの効果
ブログ経由の来店数が12件になりました

ホームページ更新では、現在どのような事を依頼されているのですか?

キーワードの上位表示やブログの更新内容のアドバイス、どのような記事の書き方をすれば アクセスに影響を与えるのか、Googleマップの掲載や設定代行などをして頂いています。
自分たちではどこをどうやって直していけばいいのかわかならかったので、そういった意味で順序立てて 取り組めていると思います。

では実際にやってみて、大変な事はなかったのですか?

これまでは自己流でやっていたこともあり、1週間に1度の更新になりがちで放置気味に なっていました。それと比べて現在はスタッフからすると仕事が増えていることはあります。 例えば自宅に帰ってから記事をあげたり。幸い、うちのスタッフはやる気があるので、そのような指示を しても帰ってからブログ更新してくれたり、仕事以外の時間でもやってくれています。

大変と言えば大変だと思うのですが、それが彼女たちのお客様が増えることつながり、 売上につながる道筋が見えてきたので、(スタッフは)そんなに苦ではないようです。

その結果、効果のほうはいかがだったのでしょうか?

お客様が増えてきたので、各部門同士でより集客するために、どんな風に記事を書こうかということを 各部門でいい意味で競うような良い相乗効果が出てきました。

それぞれの部門を自分たちで盛り上げて、店の売り上げに貢献しようとスタッフもいろいろなサロンさんの ブログを見ていますが、自社ブログでは、いろいろな施術の様子やわかりやすさ、お客様が入って来てからの 親近感が湧く印象を持つように改善されてきたように思います。

もちろん、リベルタさんが話されているようにお任せしっぱなしでは効果が上がらないと思っているので、 わからないことをどんどん聞いていくような姿勢で、教えていただいていることを実行して生かして いかなければ、と思っています。

検索順位を上げているだけでは意味がなく、経費がかかっていることはスタッフには繰り返し伝えていて、 そういうことをスタッフが理解してくれているという意味では、スタッフに凄く恵まれていると思います。

お話中

「お任せしっぱなしではなく、クライアントがブログによる良い情報を継続して発信することが 集客を最大化する上で大切です」(写真中央 弊社代表宇佐見)
「具体的にどのような記事や写真を使って反響率を高めるか、今後もサポートさせて頂きます」(写真右 弊社川上)

ホームページからのお問い合わせ数は、全体からするとどれくらいの比率なのですか?

新規顧客数については4月は全体で93件、そのうちブログが12件(うち、まつ毛エクステ9件、脱毛3件)。 2月~3月はブログ見ましたという声がほぼゼロの状態でした。

1日でブログ経由の来店が3人という日もあります。突発的なキャンペーン案内でも 来店数が増えたり、当日の朝に雨の日キャンペーンの記事を上げてその日に来店されるケースも出てきました。 もちろん、値引きによる効果はあると思いますが、見ていただく方が増えてきていることは大きいと思います。 5月の新規来店数は、(5/6時点で)問い合わせが6件なので、件数自体も伸びてきています。

現状の効果には満足していらっしゃいますか?

ほぼ満足しています。ただ、もう少し全体の順位を上げてほしいと思っています。

ネイル(のキーワード表示)が2ページ目なので、現在上位表示しているキーワード以外の キーワードも全体的に強化して頂ければと思っています。

SEOサービス以外にも効果があったこと

売上げ以外で、依頼されて良かった点などはありましたか?

お店を知っていただくためのツールとしてブログをやっていたんですけれども、方法論をわかって やっているのとわかっていないでやっているというのではこんなにも効果が違うものなのかということ を感じています。

その他では、かなりの時間短縮になっています。自分たちで方法を探すという手間も省けていますし、 わからなかったらお聞きできるという点は凄く安心ですね。

やはりお店の中だけにいると視野がどうしても狭まってしまいますし、他の情報を自分たちで探して いかないといけなくなると思うのですが、いろいろな視点からお店を知ってもらうための方法を教えて頂き、 わかってくることでスタッフも自分たちで調べる時の見方が変わってきたように思います。

例えば、ブログを良くしたいので、他社の競合店の良さ・違いを研究する意欲が高まってきたり。 これまでも感心がなかったわけではないのですが、これまではただ通り過ぎていたことも何が違うかという 目線で見た場合に気づくこともあるでしょうし、視野を広げるために良いきっかけになっていると思います。

業務的なことでは、写真をご提供頂くお客様とコミュニケーションをとる機会を増えたり、 お店のためになるならとご協力頂けるお客様もいらっしゃいます。ブログに登場してくれる方は リピート率が高いように思います。

施術のビフォー、アフター写真を公開するということは、技術力の自信がないとスタッフは写真を載せられないので、 「(マツエクなら)今よりもっと綺麗につけよう」とか、「(ネイルなら)もっと最新のデザインを考えよう」とか、 他社さんもご覧になるので、自分に対するいい意味でのプレッシャーとか、 技術力向上につながっているのではないかなと私は思います。

これまでは、施術が終わって完了だったのが、施術前後の画像が残り、万人が見れる状態になるということは、 プライドが高いスタッフは「もっと上を目指そう」とするので、モチベーションアップにもつながっていると 思います。

ブログの何を見てお越しになられようと思いましたか?と突っ込んでお客様に聞くと 「わかりやすい。凄く綺麗にマツエクをつけていたから」、「あんなデザインのネイルは見たことがないから、 私もやってほしい」という声も出てきました。 それを担当したスタッフはその声を聞くととても嬉しくなりますよね。

データ上は12件の来店ですが、もっともっと潜在的に(効果が)上がってきているように思います。

弊社のスタッフの頑張りがあってこそだと思っていますので、それがそのまま他のサロンさんで同じように なるのかはわかりませんけれども。

前田様画像

SEO施策を、アウトソーシングされるメリットはどこにあるとお考えですか?

自分たちで方法を探したり調べる時間の短縮、わからないときにいろいろなことを聞ける安心感です。

エステ畑できた経緯もあり、パソコン系はうとかったので、目線を変えた視点からのアドバイスを 頂けるのは助かります。

今後リベルタに求めるもの

リベルタに対する、VIZ様の評価をお聞かせください。

エステ畑でパソコン系はうとかったので、目線を変えたところのアドバイス、というものは助かっています。

結果が出ないときもあるかもしれませんが、やってみてダメならやってみて次の方法を考えればいいと思っています。

今後リベルタに期待する事があればお教えください。

SEOで上位表示した結果、他社の売上げがどのような結果になったのか、事例を見てみたいと思います。

本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。

http://viz.ti-da.net/

取材日時:2014年5月